記事一覧

【改訂版】【中国、韓国の侵略の脅威と民主党の売国政策に対する私の所感】


 現在行われている中国、韓国の数々の侵略・謀略と、それに輪をかけた民主党の中国、韓国に与する露骨な売国政策に対して日本国民が何も手を打たず放っておいたら、このまま日本は中国、韓国に侵略・征服され、中国、韓国の事実上の植民地にされ、さんざん搾取されて衰退しやがて苛烈な民族浄化で滅亡させられてしまうと思います。

それを防ぐには日本国民が今日本が直面している中国、韓国による日本侵略の脅威に気づかなければ手の打ちようもありません。

しかし民主党政権の露骨な売国政策によって皮肉にもまだ一部ではありますが中国、韓国の侵略・謀略とその脅威に気づいて立ち上がろうとする国防の意識が日本国民の中に確実に芽吹いてきました。

今こそ日本はピンチをチャンスに変えて反撃に転ずる絶好の機会です。日本を守るには日本国民の国防の意識を高め知恵と力を結集してこの国難に当たるしかないと思います。

日本国民が中国、韓国、とりわけ圧倒的な人口と日本を上回る軍事費及び経済力を誇る中国の侵略、謀略の脅威から日本を守っていくことは正直困難を極める厳しい道のりだと思います。

しかし私は日本国民がその英知と力を結集し団結しこの国難に総力を上げて立ち向かえば必ず日本に光明が差仕込むはずだと信じます。

日本にはそれだけの潜在力、可能性が眠っていると感じるからです。

それに中国にも弱点があるはずだからです。

日本国民が日本国家及び日本の現在の子供達及び未来の子供達を守って子々孫々にまで日本というかけがえのない国を存続させて世界に貢献する意思を固めて、中国の侵略・謀略に立ち向かうのなら必ず日本は次の世代、さらに次の世代、またさらに次の世代に日本国をバトンタッチして存続、発展させていくことができるはずだと信じます!!

それには今この民主党政権の売国政策によって明らかになった国内の反日在日外国勢力を日本から一掃してしっかりと日本を守るべく盤石の体制を作ることだと思います。

今回の民主党政権の売国政策で明らかになった不法入国の在日外国勢力をまず強制送還し、国内法を整備して二度と反日外国勢力に日本が入り込まれないよう日本国内の守りを固めて立て直し、内部侵略を断固跳ね返す体制を作り、国際法上侵略国と互角に戦えるよう憲法を改正、(あるいは現行憲法を破棄して自主憲法を制定し、)自衛隊を増強して正式な軍隊に昇格させ、核武装して中国の核に対する抑止力とし、確固とした独立国に日本を生まれ変わらせてくれる真の保守政党を次の選挙で選んで政権の座に着けて日本国民全員でその政権をしっかり支えていくことが今我々がやるべき重要な一歩です。

強大な中国に日本が侵略で狙われている時に国内の反日勢力に日本がやられっぱらしでいいようにされているようでは真の強敵・中国の侵略の脅威に対抗してこれを防いでいくことは不可能です。

まずは国内の朝鮮勢力が日本で行っている日本乗っ取り及び征服行為に一般日本国民が気づき、それに真摯に向き合い真剣に議論して対策を立て、反日外国勢力の排除を鉄の意志で実行することがまず日本がやるべき道の第一歩だと思います。

それには何度も言うようにまず次の選挙で真の保守政党を日本国民が選んで政権の座につけ日本が反日勢力と互角に戦える体制を作ることだと思います。

本当の日本を守るべき戦いはそれからです。



このブログに共感して下さった方、又は世に広める価値があると認めて下さった方には下記のブログランキングバナーをクリックし頂けるとありがたく思います。


政治 ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

フェニックス一輝 

Author:フェニックス一輝 
ツイッターでは @akiron3 のユーザーネームで人権委員会設置法案の反対活動など護国活動を続けてきました。特に2012年3月13日の人権委員会設置法案の民主党内閣の閣議決定を阻止すべく全力を上げツイッターでの同法案の危険性を周知・拡散し、各政党や法務省へ同法案への反対意見を届けました。ネットユーザーの皆さんとの共闘のおかげで人権委員会設置法案の閣議決定を阻止できたことは自分にとっても大きな心の財産です。我々小さな庶民も皆で声を上げれば思いがけない力を生みます。我々日本国民の力で日本の政治を良い方向に導きましょう。これからの日本の舵取りの主役は日本国民です。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
355位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
157位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

フリーエリア

ブロとも一覧

ブロマガ

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

ブロマガ購読者数

現在0人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

ブロマガ購読者向けメールフォーム

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア