記事一覧

【橋下徹さんに対して私が言いたいこと】


橋下徹さんは週刊朝日の橋下徹さんの出自を調査し公表した記事に対して、週刊朝日及び朝日新聞本社を名指しで批判していますが、この批判は的外れ、または報道の自由を人権侵害に転嫁する橋下徹さんお得意のすり替えだと思っています。

橋下徹さんのように国政に進出を宣言している公人の出自を調べ事実を報道するのは報道の当然の自由でありむしろ報道の権利であり義務でありむしろ責任です。
それをプライバシーの侵害だなどといちタレントの言い分のようにすり替えヒステリックに噛み付くことで世間の人間まで巻き込んで感情論で共感を得ようとするのは卑怯です。

今回の橋下徹さんのやり方は完全な問題のすり替えです。民主主義と自由主義の本家アメリカでは報道の自由とは公的機関や組織に対して情報開示させる権利であり日本のようにタレントのプライバシーを暴くのは知る権利ではなくプライバシーの侵害と見なされますが、橋下徹さんは国政進出を宣言しているれっきとした公人でありいちタレントとは立場が違います。

橋下徹さんは公的機関や組織に相当する公人でありむしろ自らの出自に関して明らかにすべき立場です。それをまるでいちタレントのようにプライバシー云々を主張するのは完全な勘違いであり間違いです。出自やプライバシーを明らかにされるのが嫌なら政界へなど最初から進出しなければいいのです。

それだけの覚悟がないなら政界へなど進出をすべきではない。いち市井人やせいぜいタレントでもやっているのがいい。いちタレントなら橋下徹さんの主張も通りますから。

もし週刊朝日の記事の内容に明らかに事実と違う記述があるならその点をちゃんと主張して週刊朝日に訂正を求めたり法廷でハッキリさせたらいい。記事の内容の真偽に関して何も言わずにプライバシー云々は明らかにおかしいし完全なすり替えです。問題は記事の内容が真実か否かです。

世間の多くの皆さんももその点を見逃しています。

世間の皆さんも橋下徹さんに感情論で共感し擁護するのはやめて冷静に事の道理を考えて欲しいと思います。何度もいうように今回の問題は記事に書かれている内容に事実と違う箇所があるかどうかです。それに関して橋下徹さんからなんの異論もないようなら我々一般の日本国民は記事の内容を真実と見なして構わないと思います。そしてその真実の報道から日本国民が冷静に橋下徹さんの人物像や人品骨柄などを判断すればいいと思います。

それが民主主義と自由主義の国・日本のあるべき姿だと私は思っています。

皆さんはどう思いますか?





このブログに共感して下さった方、又は世に広める価値があると認めて下さった方には下記のブログランキングバナーをクリックし頂けるとありがたく思います。


政治 ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

フェニックス一輝 

Author:フェニックス一輝 
ツイッターでは @akiron3 のユーザーネームで人権委員会設置法案の反対活動など護国活動を続けてきました。特に2012年3月13日の人権委員会設置法案の民主党内閣の閣議決定を阻止すべく全力を上げツイッターでの同法案の危険性を周知・拡散し、各政党や法務省へ同法案への反対意見を届けました。ネットユーザーの皆さんとの共闘のおかげで人権委員会設置法案の閣議決定を阻止できたことは自分にとっても大きな心の財産です。我々小さな庶民も皆で声を上げれば思いがけない力を生みます。我々日本国民の力で日本の政治を良い方向に導きましょう。これからの日本の舵取りの主役は日本国民です。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
355位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
157位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

フリーエリア

ブロとも一覧

ブロマガ

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

ブロマガ購読者数

現在0人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

ブロマガ購読者向けメールフォーム

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア