記事一覧

【アベノミクスの真の目的と安倍総理の2020年の憲法改正宣言に関する考察】


次の四つの記事を読んでください↓

■ついに日本にも「経済的徴兵制」の足音が!?学費に苦しむ若者対象に「自衛隊入隊奨学金」を防衛省が検討!
http://yuruneto.com/tyouhei-japan/

■アベノミクス破綻から経済的徴兵制へ
http://blog.goo.ne.jp/narashinoshimin/e/a83a2ee584beb964f6bd17f598057474


■首相、憲法改正の自民案作成指示…各党協議促す
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20170512-OYT1T50166.html


■なんで自民は憲法改正しようとしてるの?
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1468074420/523-n

ー引用ー
20名無しさん@そうだ選挙に行こう! Go to vote!2016/07/10(日) 11:44:57.68ID:uQK6WjQ4

● なぜ自民党が憲法改正を急いでいるのか?
の答えは簡単だよ!ネットで以前から告発されてた。

自民、公明を中心とした政治犯罪が極致に達してネットで完全に露見したからだよ。
しかも憲法自体を変えてしまわないと関与者全員が極刑に処されそうな実情にあるからだ。
軍事や国防問題などはただの口実に過ぎない。 ・・・

ー引用終わりー





自分は以前からアベノミクスはインフレ化を偽装したデフレ化政策であり国民を貧困化させて経済的徴兵制を導入するのが真の目的だとたびたびツイッターで発信してきましたがネットで検索すると色々本格的な記事が見つかります。

これらの記事を読めば安倍信者や自民党工作員がどう情報工作で胡麻化そうとアベノミクスの目的がハッキリわかります。

安倍自民党は一貫して一つの方向に向かって動いています。

それは 徴兵→戦争→日本の人口削減→移民受け入れ→日本の移民国家化 への道です。

いずれ貧困化した若者がアメリカの戦争に徴兵されて狩り出されるでしょう。

大学への奨学金を出してもらいその引き換えに自衛隊将校予備隊に入隊して将来の自衛隊の将校予備軍となる道を選ぶ若者が増えていくでしょう。

引きこもりのネットユーザーの若者も当然自衛隊一般隊員予備軍で徴兵の対象です。

大学生は安倍政権のこうした徴兵→戦争への意思を読み取ってシールズなどの学生運動といった形で安倍政権の 安保法=戦争への道 に反対運動を展開しています。

だれも戦争に取られて戦死したくありませんからこの学生たちの安保法への反対運動はごく自然な当たり前の反応と言えます。

大学生たちは安倍政権による戦争の空気を敏感に読み取っていると言えます。

 (※経済的徴兵制について詳しく勉強するにはSEALDsの奥田愛基氏が推薦しているこの本がおススメです↓)

●『経済的徴兵制 (集英社新書) 新書 – 2015/11/17 布施 祐仁 (著) 』





一方引きこもりのニートと化している20代から40代の若者は逆に安倍自民党のネットの情報工作によって安倍支持者と化し安倍政権の戦争への道に賛同しています。

大学生たちは将校予備軍ですからまだ比較的安全な場所で指揮を執ることになりますがより危険な任務を担わされる一般隊員予備軍のニートたちが安倍政権を熱烈に支持する安倍信者・ネット右翼と化している現象は不可思議と思わざる負えません。

引きこもりのネットユーザーは安倍自民党の情報工作に洗脳されてしまって熱烈な安倍支持者と化してしまっているのでしょう。

安倍総理と安倍支持者の関係とヒトラーとヒトラー支持者の関係はよく似ています。

今の日本はかつてのナチス政権下のドイツと酷似しています。

かつてナチス政権下のドイツはヒトラーを熱烈に支持し戦争への道へ突入して多くの戦死者を出し悲劇を生みだしました。

戦前の日本もそうです。

かつて日本帝国は太平洋戦争でアメリカと戦争をしてカミカゼ特攻や広島長崎の原爆投下など多くの戦死者・民間の犠牲者を出して敗戦しました。

今の日本は戦前回帰・全体主義化しつつあり更に独裁化・ナチス化しつつあると言えます。


こんな今の日本の状態では引きこもりのネットユーザーの命は安倍政権を支持してしまっていては風前の灯と言えます。

引きこもりのネットユーザーももっと先を読む目を養なわないと先は無いと言えます。


ネットの情報に共感して安倍総理と安倍自民党を支持しても待っているのは戦死or障碍者or心的外傷後ストレス障害です。

2ちゃんねるの『なんで自民は憲法改正しようとしてるの? 』というスレッドの書き込みを見てみると自民党はネットの発達で自分たちの悪事がばれそうになってるので自分たちの悪事を隠すために憲法改正するのだという情報が書き込まれています。

自公はとてつもない悪事がネットでばれつつあるので憲法改正で情報を規制して国民の目と耳に蓋をしてしまおうという魂胆らしいです。

自民党は身勝手でとてつもなく悪い連中です。

そして憲法改正でどうどう徴兵して邪魔となりつつある日本国民を戦争で抹殺する。

引きこもりのネットユーザーなどは国民から搾取して甘い汁を吸いたい自民党にとっては自分達が国民から吸い上げてジャブジャブ自由に使いたい金を将来社会保障費で消失しかねない邪魔な存在です。

引きこもりネットユーザーは自民党にとっては儲けを生み出さない無能な存在であるだけでなく自分達の吸い上げたい国富を将来食いつぶす邪魔な存在なのです。

そして経団連ら企業経営者たちにとってもネット右翼は中国との経済関係を壊しかねない危険で邪魔な存在です。

企業経営者にとっては中国を激しく批判し国交断絶を叫ぶネット右翼はハッキリ言って邪魔な存在のはずです。

企業経営者にとっては中国との経済関係は切っても切れない関係です。

企業経営者にとって中国は儲けの大半を占めるお得意様です。

引きこもりネットユーザー特にネット右翼は自民党の政治家にとっても経団連ら企業経営者にとっても邪魔な存在なのです。

そして日本で税制優遇されている中国系企業はその浮いた分の金を日本の政治家に企業献金していると聞きます。

日本の経団連以上に中国系企業の経営者は日本のネット右翼を邪魔な存在と見なしているのは間違いまりません。

中国系企業の経営者は日本の経営者以上に強くハッキリとネット右翼の抹殺を自民党の政治家に進言するでしょう。

安倍総理達政治家はネット右翼の利用価値が無くなり用済みとなったら中国系企業や経団連ら企業経営者たちとの利害の一致から引きこもりのネット右翼の抹殺に取りかかるでしょう。

安倍総理が2020年までに憲法改正を宣言した以上安倍自民党は徴兵候補として全国の引きこもりの数とそのネットでの発言傾向を調査し始めているはずです。

引きこもりネットユーザーが安倍政権を支持してしまっているのは自殺行為なのです。

引きこもりネットユーザーが安倍総理を熱烈に支持してしまっては死期を早めるだけなのです。


自民党はとめどなく腐敗してします。

自民党はその腐敗を国民全体に蔓延させようとしています。

自民党は自分たちの生き残りの為に国民を戦争の犠牲にしようと企んでいます。

自民党は凶悪・狡猾です。

特に今の安倍自民党は日本国民にとってとてつもなく危険な存在となりつつあります。

このまま安倍自民党に憲法改正まで許してしまえばかつての第二次世界大戦の二の舞となり純粋無垢な日本国民が戦争の犠牲となる可能性が極めて大きいと言えます。

安倍総理が2020年までの憲法改正を宣言した今日本国民は先の大戦の悲劇を学び直し戦争への誘惑を退け賢明な判断をし行動しなければ奈落の底に落ちる危険な状況になりつつあります。

今の日本は日本国民の戦後蓄積された知性と良心と良識を十分に生かした総合的判断力が試されており日本国及び我々日本国民の一人一人の生き残りの分岐点となる緊迫した場面に直面しつつあると言えます。




※新刊情報!!ジャンプ系コミックの新刊情報も忘れずに ^ ^





このブログに共感して下さった方、又は世に広める価値があると認めて下さった方には下記のブログランキングバナーをクリックし頂けるとありがたく思います。



政治 ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

フェニックス一輝 

Author:フェニックス一輝 
ツイッターでは @akiron3 のユーザーネームで人権委員会設置法案の反対活動など護国活動を続けてきました。特に2012年3月13日の人権委員会設置法案の民主党内閣の閣議決定を阻止すべく全力を上げツイッターでの同法案の危険性を周知・拡散し、各政党や法務省へ同法案への反対意見を届けました。ネットユーザーの皆さんとの共闘のおかげで人権委員会設置法案の閣議決定を阻止できたことは自分にとっても大きな心の財産です。我々小さな庶民も皆で声を上げれば思いがけない力を生みます。我々日本国民の力で日本の政治を良い方向に導きましょう。これからの日本の舵取りの主役は日本国民です。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アフィリエイト
403位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
70位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

フリーエリア

ブロとも一覧

ブロマガ

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

ブロマガ購読者数

現在0人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

ブロマガ購読者向けメールフォーム

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア