記事一覧

【新潟の中国総領事館への土地の登記を阻止し売却を無効にしていただくよう安倍総理にお願いしよう】


【新潟の中国総領事館への土地の登記を阻止し、外国人土地法を適用して土地の売却を無効にしていただくよう首相官邸と安倍総理のFacebookに意見を送ってお願いしましょう!!】



まずは新潟の中国総領事館に関して危険性を訴えるFNNの動画をご覧ください。



≪ 中国、総領事館移転先として新潟県内の広大な土地を購入予定 ≫

中国政府が、総領事館の移転先として、新潟県庁からほど近い、およそ4,500坪の土地を購入予定であることがわかった。

日本の領海を狙う中国。


フジテレビのFNNニュース【動画】⇒

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00233096.html


魚拓⇒
http://megalodon.jp/2012-1105-1831-29/www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00233096.html





(現在FNNの新潟の中国総領事館に関するニュースは削除されて視聴できませんのでニュースの書き起こしのブログと要約と動画のカットを紹介しているブログを参考までにご覧下さい
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html


⇒ http://ceron.jp/url/www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00233096.html


⇒ http://blog.livedoor.jp/sendaipanda/archives/18808807.html


次に早くから新潟の中国総領事館への土地の売却に反対活動をされてきたたかすぎしんさく氏が作成した新潟の中国総領事館問題の危険性を訴える貴重な動画があります。この動画は必見です!!必ずご覧下さい!!

①新潟の中国総領事館中国政府への土地売却の「政令第311号」違反⇒http://bit.ly/17a3wM9  

②新潟の中国政府へ土地買収の動き⇒http://bit.ly/13xAEOK

③中共の戦略的な日本侵略の動き⇒http://bit.ly/188iVcW








もう一つヒゲの隊長こと自民党・佐藤正久議員が”佐藤正久オフィシャルブログ”で新潟の中国総領事館への土地の登記を阻止し外国人土地法を適用して土地の売却を無効にする作戦をブログで発信しています。このブログも是非お読みください!!⇒新潟で展開『トロイの木馬』作戦をこう潰せ!:


http://ameblo.jp/satomasahisa/entry-11575139623.html










新潟の中国総領事館への土地の売却が日本にとっていかに危険か十分ご理解いただけましたら、下の例文をコピペして(オリジナル文も大歓迎!!)首相官邸と安倍総理のFacebookに新潟の中国総領事館への土地の登記を阻止し、外国人土地法を適用して土地の売却を無効にしていただくようお願いしましょう!!




【例文】

≪ テーマ ≫


「新潟の中国総領事館への土地の登記を阻止し、外国人土地法を適用して土地の売却を無効にしてください」




≪ 本文 ≫


<コピー&ペーストor編集OK > <オリジナル文も大歓迎!!>

 前政権である民主党政権時代に新潟で中国総領事館への土地の売却という売国政策が推進されていると聞きそれを知った我々日本国民は土地の売却の中止を訴えてきましたが、無念にも一昨年前土地の売却が成立してしまったと知りました。そもそも日本が中国の土地を買うことができないのに中国が日本の土地を買うことができるのは外交の基本原則である相互主義に反しますし、何より中国は尖閣問題でも分かるとおり日本の領海を侵犯し領海拡張の野心を隠そうとしません。中国の国防大学の教授が日本を核ミサイルで攻撃して日本人を全滅させることを宣言しているというショッキングな情報も入手にしました。そんな中国に総領事館建設を目的に東京ドームに匹敵する規模である4,500坪もの土地を売却するなどあってはならないことです。事務の仕事をするのに4,500坪もの土地が必要でしょうか?これは中国が武器を持ち込んで保管したり人民解放軍を一般人として入国させ匿い養い、機会がきたら国防動員法で人民解放軍に早変わりさせるなど日本制圧の為に使うのは我々一般の日本国民にもわかります。





それが証拠に2005年に中国は、北朝鮮の羅津港を租借し、日本領土を狙う目的と思われる基地を建設しています。羅津から新潟市まで日本海のほぼ中央を一直線で横断でき中国からは航路で最も上陸しやすい都市であり、中国にとって新潟市は日本侵略の戦略上地政学的に見て最優先で押さえておきたい土地なのです。中国政府の日本海の制海権を握りたい意思も如実に読み取れます。




この新潟の中国総領事館は明らかに時が来たら内乱を起こして日本を征圧する為の中国の軍事基地です。中国の人民解放軍に内乱を起こされたら何の備えもない無防備な日本は簡単に征圧されてしまいます。征圧されたら最期、日本はチベット自治区やウイグル自治区のように民族浄化の名の下に徹底した虐殺と不妊手術を強制され日本民族は絶滅させられます。この中国総領事館は明らかに中国の軍事基地であり日本侵略のための最前線基地です。中国総領事館は日中友好を偽装したトロイの木馬です。一度中国総領事館という名の侵略基地を作らせたら日本にはもう中国の日本征圧を防ぐ手だてはありません。日本はトロイのようにあっけなく滅ぼされてしまうでしょう。その際まず新潟の子供たちが虐殺の憂き目に合い、やがて日本全国の子供たちが虐殺の地獄絵図を見るでしょう。私は日本国民としてそのような物を新潟に作ることは断じて許せません。

新潟の中国総領事館への土地の売却問題はフジテレビのFNNニュースでも取り上げられ全国に放送されており、このニュースを観た全国の日本国民のほとんどが新潟の中国総領事館への土地の売却を中止することを望んでいたはずですが土地の売却が成立してしまった以上それを知った日本国民は皆それに対する策として土地の登記を阻止し、外国人土地法を適用して土地の売却を無効にしてくれることを切望しているはずです。
新潟の中国総領事館への土地の売却はなんとしても無効にしてください。
そのためなら中国との国交断絶も厭いません。



先の衆議院選挙で政権交代して安倍総理が誕生した時、私達日本国民は新潟の中国総領事館への土地の売却中止を実現する絶好の機会がやってきたと考えていましたが、一歩先に土地が売却されてしまったからにはその対応策として土地の登記を阻止し、外国人土地法を適用して売却そのものを無効にしていただくことを提案します。政権交代を果たして参議院選挙でも過半数をとり自民党の長期政権の見通しがついた今、私達日本国民は安倍総理の手で新潟の中国総領事館への土地の登記を阻止し、外国人土地法を適用して土地の売却を無効にし、同時に中国に買収された水源地を即刻日本の手に取り戻していただき主要な水源地を全て国有化していただくことを切にお願いします。日本国民の切実な願いを安倍総理の手で実現してください。







【送信先】

<首相官邸宛て" ご意見募集(国政に関するご意見・ご要望)">

https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html


<安倍晋三総理大臣のFacebook>
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html




安倍総理と自民党保守系議員に新潟の中国総領事館への土地の登記を阻止し、さらに外国人土地法を適用して新潟の中国総領事館への土地の売却を無効にしていただくようお願いするブログはこちらです⇒  【安倍総理と自民党保守系議員に新潟の中国総領事館の土地の売却を無効にしていただこう!!】 : http://akiron3.blog.fc2.com/blog-entry-15.html




このブログに共感して下さった方、又は世に広める価値があると認めて下さった方には下記のブログランキングバナーをクリックし頂けるとありがたく思います。


政治 ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

フェニックス一輝 

Author:フェニックス一輝 
ツイッターでは @akiron3 のユーザーネームで人権委員会設置法案の反対活動など護国活動を続けてきました。特に2012年3月13日の人権委員会設置法案の民主党内閣の閣議決定を阻止すべく全力を上げツイッターでの同法案の危険性を周知・拡散し、各政党や法務省へ同法案への反対意見を届けました。ネットユーザーの皆さんとの共闘のおかげで人権委員会設置法案の閣議決定を阻止できたことは自分にとっても大きな心の財産です。我々小さな庶民も皆で声を上げれば思いがけない力を生みます。我々日本国民の力で日本の政治を良い方向に導きましょう。これからの日本の舵取りの主役は日本国民です。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
355位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
157位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

フリーエリア

ブロとも一覧

ブロマガ

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

ブロマガ購読者数

現在0人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

ブロマガ購読者向けメールフォーム

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア